ベレ出版というところは、なかなかステキな語学本を出版していますヽ(*^^*)ノ たまたまアマゾンで英語関係の使い易そうな本を探していたら、ベレ出版の本が目についたので、サイトに行ってみました。親切なサイトで、詳細が立ち読みできるんです。スキャナで取り込んだ影がでまくりなところが、手作業的でいいかんじ。インターネットだけど、人の手がやってる感がわかるのってときどきいいですよね。 中でも興味を引かれたのは、この本。 この本は、なんと3枚ものCDがついた、その名のとおり日本を紹介する文章のつまった本です。本の方は日本語と英語と対訳になっていて、CDには英語の朗読が淡々と収録されています。シンプルな英語というだけあって、わかりやすいし、覚えやすい雰囲気。朗読の声もゆっくりすぎず、わざとらしくもなく、いい感じ。 しかも内容が丁寧! 日本人として当たり前すぎることって、説明が難しかったり、意外と由来を知らなかったり、誰のせいだかは知りませんが間違って覚えてたりします。食べ物、文化、宗教、被服、住居、行事、国土、シンボル、歴史、文学、なんでもござれ。 国歌が正式に国歌になったのは、1999年って知ってました?そんな最近てw(゜ー゜;)w! 試しに、中学2年生のクラスに「日本の住まい」のところを聞き取り問題に出してみました。スピードになれるまで大変そうでしたが、なんとなく単語を拾いだしてつかんでました。 高校生のクラスは、「キリスト教」の部分を聞き取りしてもらいましたが、前からBBCニュースの聞き取りにチャレンジしたりしてたので、数回聞いたらパーフェクト(*'▽'*)♪。 シンプルな英語なのでCDを聞いてるだけでも、慣れたら理解できますし、こういうことがいいたいときはこういう風に言うんだという、よいお手本になりそうです。しかも「こういういい方もあるよ」と言い換えの文や熟語を示してあったり(言い換え文はCD収録はありませんでした)。 これは日本人として、役立つ本ですよ。やっぱ海外に行くと、有名人でもなんでもない私でも、出会う人にとっては日本人代表なんですよね。自分の国や文化のきちんとした知識を持ってるって、日本語を話せることと同じくらい財産かもしれません。 Read More