火曜日の午後から、実はとっても歯が痛かったのです。 それから金曜日のお昼まで、ずーっと痛い。 そもそも痛みには弱い方です。 ほとんど寝れず、実はいくつかのクラスの途中も 泣いちゃうかと思うくらい痛かったです(* T-) 痛かったのは、左の奥の下の方の歯だと思ってましたが、 痛みはどんどん広がって、しまいには左の奥全部がキンキン痛くて、 もうどこが痛いのかよくわからないほどになりました。 Σ(T□T)これはもしかしたら、wisdom toothかもしれない! wisdom tooth。それは親知らず。 これも親を離れて、物事の分別 (知恵)がつく年頃になって はえてくる歯なので、そう呼ばれているそうです。 金曜日の午後、突然痛みがなくなったので、 もう行かなくていいかなあとも一瞬思いましたが、 ほっとくのもややこしくなりそうなので、 やっぱり歯医者に行きました。 4か月前に治療してもらった左下奥の2本の歯の神経が 被せものの下で腐ってました。 Is my dentist a quack?o(;△;)o 腐った神経をとってもらって、大きな穴ぼこができました。 でももう痛くないので、 問題なく英語クラス、がんばりますねえ?(^▽^)/ Read More

すみません、わすれもの多いです。 クラスで使った単語のカード、 工作に使ったのりやはさみ、 カラーペンのはいったポーチ、 授業の予定表、 普通に忘れてきます。 いそがないものや、他のクラスで使う予定でないもの、 もしくは代わりのあるものなら、 次週のクラスまで預かっていてもらいます。 でも今日のお宅で忘れてきたものは、 他のクラスでも使用してるパズル。 あーんΣ(T▽T;) 先週も楽しみにしてくれていたので、 持っていかないわけにはいきません。 というわけで明日、引き取りに行ってきます…。 Read More

教会の高校生のクラスに来てるメンバーは、 普段も教会に来ていて、 聖書の話には、かなり通じています。 イエス・キリストの話、 巨人を倒した羊飼いの少年、のちに王になるダビデの話、 エジプトから民を導きだしたモーセの話、 動物がいっぱいでてくるノアの箱舟の話。 聖書はぶあつい本ですから、たくさんの登場人物、 たくさんのストーリーであふれています。 その中から出されるトリビア・クイズを しかも英語で、というのが最近のアクティビティ。 答えるのも、問題読むのも、全員が順番にします。 片言でもいいから、ゆっくり。 知らない言葉も、恐れずに発音してみます。 ただの朗読ではなくて、完璧でなくてもいいから丁寧に、 意味が伝わるように考えつつ、読む練習になってます。 答える人は一生懸命聞いて、わかる言葉を拾います。 一生懸命集中して、相手に伝えようとする練習、 相手のこと言う事がわかりづらくても、 理解しようと努力する練習。 問題が伝わったとき、答えがわかったとき、 二重に、みんながうれしくなるので、 最近、ちょっとはまってきたみたい。 英語の時間でないときも、やろう!って言ってくれます。 ただ時間がかかるのが難点…。 一問に5分とかはザラ。 でもみんなのことだから、 あっという間にうまくなるんだろな。 こういうアクティビティをしていると、 言葉って、道具なんだなって思います。 それ自体よりも、それで何をするかがもっと大事。 それは、自分のことや相手のことを、 心から伝えようとすることと、 心から理解しようとすることかなって思います。 ちなみにまったく同じものではないですが、 こういう感じのゲームです。 Read More

もうすぐ二十歳になる女の子の生徒さんと、 英語交換日記をすることになりました。 交換日記なんて、まともにしたことないのですが、 私としたいって言ってくれるのがうれしくって 喜んでOKしました。 が、何書いていいのか…。 せっかくだから、楽しい日記にしたいものです(*^-^) 今日は中学生や高校生のクラスがありましたが、 みんなちょっとブルー。 特に一年生が。 どうやら始めての期末試験を来週に控えて ちょっとびびってるみたい。 きっと大丈夫だよ〜!って言っても、力のない笑み(^▽^;) 大丈夫大丈夫。がんばれ〜。 Read More

こどもに英語を教えるとき、 こどもたちの記憶力にびっくりすることがよくあります。 私が記憶力なさすぎるからかなあ(・・;) こどもたちの吸収力と、その記憶力には本当に驚きます。 たとえば先週のクラスでやった、ちょっとしたこと。 2歳の子も、覚えてるのです。 ルールはちゃんと理解できてないかもしれないけど、 でも楽しかった行動を覚えてて、 ちょっとしたきっかけで再現してるのです。 しかも先週のクラスのときは、 お熱があるような状態だったのに。 またこどもたちは、単語も一度言ったら、 たいてい覚えてしまいます。 気がついたら、ちょっと難しいように思える英検の問題も なんとなく全部答えてしまえるようになっているのです。 自然と身に付いてて、自然と出てくるかのようです。 いやあすごい。 子どものうちに、何を身につけさせるかはとても大切。 語学や勉強、特技もステキですが、 私は、こういうこと↓が、 もっともっと大切だと思っています。 "Honor your father and your mother, so that you may live long in the land the LORD your God is giving you." Exodus 20:12 英語のスキルだけでなく、 こういうことも、いろんな活動を通して 分かち合っていけたらなあと願っています。 Read More

天王寺のカフェで英語個人レッスンをしたあと、 今日は家と逆の方向、伊丹空港へ向かいました。 弟が高校の修学旅行から帰ってくるのを迎えにいったのです。 ええおねえちゃんです。 北海道に4日の旅でしたが、とっても楽しんだようで、 帰りの車でずーっと旅の話ばかり。 どこで何をした、よりも あそこで友達が何した、何て言った、が 彼の中で大きなウエイトをしめてるようでした。 たくさんの、よい友達がいるみたい。 楽しくて豊かな人生には、友情はかかせません。 ここで大好きな聖書の箇所をひとつ。 A friend loves at all times, and a brother is born for adversity. (友はどんなときのも愛するものだ。兄弟は逆境のときのために生まれる。) Proverbs(箴言) 17:17 Read More

訪問英語のお宅で、児童英検してきました。 さあと準備を始めたところ、そばにいた犬が突然激しく吠えました。 どうしたの?と見てみると… ( ̄□ ̄;)ギョッ でっかいむかでさんが。 イヤーーー!!! ダダダッε=ε=εε=ε=ε=( ┯_┯) 準備中断。 お宅のお母さんがでてきて、退治してくださるまで、 座ることもできず、目を離すこともできず、 さぶイボのまま、プチパニックでした。 そのため、ちょっと遅れてはじめて、終わりました。 せめて、英検中に発見するのでなくてよかったあ。 受験中、見た事ないくらい集中してるみんなを 感動しつつ見守りながら、 実はずーっとびくびくしてました。 あー疲れた。 Read More

ウチでは、伝統的に、お誕生日の人は 「お誕生日さま」という とってもエライ人になれることになっています。 といってもその権利を行使してるのは いまのところ私だけ。 いつもhumbleでやさしい夫は、どんな日でも変わりません。 「お誕生日さま」はわがまま放題。 かわいそうな夫に無理難題を突きつけます。 ディナーはもちろん大好物のビザ。 年に一度のデリバリです。 わがままでも、おねだりはしません。できません。 「お誕生日さま」になっても、 そのへんはやっぱり小心者なので( p_q)。 うちの家計を知っているので( p_q)。 今年のお誕生日は、私たちのお休みの木曜日だから、 ゆーっくりすごそうって思っていたのに…。 急遽、マネージャーをしてる本屋さんの出店が決定。 あいやー。 聖書のことばを思い出します。 「あなたがたの中でえらくなりたい人は、 人に仕える人になりなさい。」 はいー。よろこんでー(/ー ̄;) というわけで、明日も朝からバリバリ働きます〜。 Read More

今夜の英語クラスは、恋愛講座?でした。 片思いに悩んでる女の子の話を聞いて、はげまして。 うまくいったらいいなあ。 好きな人と一緒にいれるように、なれたらいいね。 英語を習うのは、 もっとすてきな自分になるための道具のひとつ。 視野を広げること、できることを広げること。 それで自信もって、キラキラ笑顔でいたら、 きっときっと振り向いてくれると思うけど、 そうでなくても、一生懸命で、前向きでいれば きっとすてきな恋になるよ。 英語のお勉強の時間はちょっと減っちゃったけど、 これも彼女には大切なことだから、しょうがない。 真剣に悩んでる彼女をはげましながら、 私もちょっと、むかーしの 切ない気持ちを思い出しました('-'*)エヘ 英語のクラスを通して、 いろんな立場のいろんな人たちと出会えて、 これはすごーい特権だと思っています。 明日からはじまる新しいクラスも、とっても楽しみ。 早く仲良くなって、楽しいクラスにしたいな。 Read More

もりあがってますか、サッカー。 もりあがってますよね。そりゃそうですよね。 ちょうど今、日本対オーストラリア戦の後半に入りました。 となりの部屋で、夫が真剣に見入っています。 でも私はだめ。 小心者の負けず嫌いなので、 試合のハラハラ感に耐えられません。 勝ってるとこしか見たくない(≧ヘ≦) ワールドカップといえば、ブラジルの選手のこと、 最近テレビでよく取り上げられていますね。 彼らのものすごい運動能力や、生まれ育った環境のこと。 たとえば、リオのファベーラ(スラム)で 育った、アドリアーノの特集を見ました。 私がブラジルにいって、 リオのファベーラのうちの一つに滞在したのは、 思えば8年前… ちょうど、前々回のワールドカップの時期でした。 リオには有名な、イエス・キリストの でっかい像が山の上にあります。 キリストは山の上から、海の方を向いています。 ファベーラの人たちは、自分たちは神様に愛されていない、 神はお金持ちを愛していると思っているそうです。 キリストが向いてるのは、 有名な観光地、豊かな海岸沿いの地域で、 ちょうどキリストの背中の側に、 無数の巨大なファベーラが広がっているから。 そうじゃない、あなたがどこにいても、 あなたは神様に愛されているし、 神様はあなたに特別な、よい計画を持っているし、 あなたは愛されるために生まれたんだって信じてほしい。 そういうメッセージを伝えたくて、 私たちはファベーラでいろいろな活動をしました。 でも今でも何も変わっていないような ファベーラの映像を見ると、 私たちがしたことは、何か意味、あったかな? なんて考えてしまいます。 ファベーラ出身のヒーローは、ファベーラの人の希望で、 それは、私たちが伝えたかったメッセージとおなじ。 たった一人の心にでもいいから、残っていてほしいな。 毎日の生活の中で希望を忘れそうになるときに、 思い出してくれたらいいな。 どこに、どんな状況にいても、誰がなんていっても、 あなたは特別で、愛されるために生まれたってこと。 ワールドカップの試合は、 その後行ったサンパウロで見ました。 ゴールのたびに、近所の家という家から ものすごーーーーーーーい歓声がして、 ブラジルの人たちのサッカーへの尋常でない情熱に びっくりしたのがとっても懐かしいです。 あーそんなノスタルジィにひたってる間も、 となりの部屋から 夫の歓声とため息が交互に聞こえてきます。 それだけでもハラハラしちゃう〜ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/ 私は勝ったときに、ハイライトで ええとこだけ見せてもらったらそれでええです。 Read More